日曜ブログ劇場「おかめはんが行く!!」

真面目なおかめはんが垣間見た色んな出来事を綴っています。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

帰宅途中の事件簿…というほどでもないけれど。1

ブログ楽しみにしてます…といわれちゃったのでひさびさに書いてみました(笑)
喫茶話からそれるのですが。

ちょうど一年ほど前。
静かな夜。残業でおそくなって10時前に会社を出たおかめはん。

なぜか人が全然いない。
いつもなら、このくらいの時間でも帰宅する会社員やOLたちがいるのに。

「静かだなぁ…まるでお正月のビジネス街をみてるみたい…」

なんて思いながら地下鉄の駅を目指して歩いていた。

静かな夜の街を帰宅中。

交差している道もない場所からタクシーがおかしな角度で道路へでてきている。
ゆら~…とスローに道路へ侵入しかけていたタクシー。

「ん?変なタクシーだな?」

お客さんを降ろしたような様子もなく、休憩していたにしては角度が変
…とか思った瞬間。

前からまったくスピード緩めることなく近づく、猛スピードの車が目の端に入った。

タクシーにぶつかり去る外車あり。

「ドン!!バン!!」
かなりの音が!
猛スピードで通過した車がタクシーに接触!!

「げ!!」おかめはん立ち止まり、接触していった車を見る。
がそのまま走り去る…?

「え?いっちゃうの?」


おそらく赤信号になる前に飛ばして通過しようとスピードをだしていたらしい外車。
そうとう先まで行ってから停車…。


沈黙のとき…。

シーン…としたまま互いの車から誰もでてこず。
数秒?
数分?
長い時間に感じたその沈黙を破る、ドアを開ける音が、まず、タクシーから。

キズを確かめるように自分の車を覗き込むタクシーの運ちゃん。

「ジイチャン運転手だ…」
おかめはんは思った。

そのとき、外車のほうからバタン!と音がしたと思うや否や、
おかめはんの目に飛び込んできたのは
猛ダッシュする怒りに燃え滾るオヤジ!!!

「おいコラわれぇ!!なにしてクレとんじゃああああああ!」

突然!瞬間湯沸し男性駆け出す!!

「げげ!!あいつティファール(瞬間湯沸かし器)か!!」
と思いつつ、

「ジイチャン、殺されるんじゃ!!」
ティファールのあまりの形相に運ちゃんが心配になったおかめはん、
身を乗り出しかけてビックリ。

こっちもあっちも瞬間湯沸し器!!!

「テメェ、どこ見て走ってんじゃコラァアア!!!」


ジイチャンも負けずスゴイ形相で猛ダッシュ!!
互いに結構な長距離?を猛スピードでこぶしをあげながら走り寄る…。

(ああ!あっちもティファール!!)

おかめはんの目の前で、まるでスローモーションの如く、互いに繰り出されるパンチ。

ゴングが鳴った。パンチが互いに入った。

そのとき、確かにゴングが鳴ったのを聞いたおかめはんであった…。

                 つづく。





スポンサーサイト

| ビジネス街の夜 | 01:35 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セクハラ?「失言じゃなくてマジな質問」…の巻

おかめはんは、その日、なんだか疲れと驚きで落ち着かない気分で帰宅。

帰宅しながら思い返す…

まさか…自分の周りにゲイの人がいたなんて…
ちょっと考えてみたことなかったから。

まさかの…身内事情…

しかも…店長と二人のウェイター以外、みんなゲイ…。

何ヶ月も一緒に働いていたのに全然気が付かなかった…。

先輩ウェイターのホッシーさんなんて…お兄さん的な感じが好感もてて
ほんのりと好きだったのに…。

ウス君と付き合ってたなんて…。


なんとも言えないもやっとした気持ちと、ちょっと面白おかしい気持ちとが入り混じる
複雑な、おかめはんであった。



そして、ちょうどその頃、友達から電話をもらった。

好きな人に告白したという。
すると…

「自分はゲイだから応えられない。ごめん」といわれたという…。

しかも同時期、友達からの打ち明け話も

友達よ…あんたのとこもか…。

ゲイ関係…。

世の中こんなゲイばっかりじゃ、そりゃ、私に彼氏が出来なくても仕方ないよね!!

おかめはんは納得したのだった。
(ツッコミ不要)



そしてひとつ思い出したことがあったおかめはん。

それはお客さんに言われたショックなことだった。
ある意味、セクハラ?

とか思ったその思い出…それは…。


いつものようにお客様に給仕するおかめはん。
毎日来るお客様たち。

いつもの誰でも知ってる一流企業のギリ社の社員たちもやってくる。

その中で、部長だとか呼ばれてる態度のでかい、エラそうなお客様もやってきた。

「いらっしゃいませ♪ おはようございます。」

お客さんにいつもの挨拶

いつものメニューを即座に出して、たちさりかけたおかめはんを
その部長は呼び止めた。

「ちょっと、君…!」


「はい!」
なんでしょう?とすぐさま横にきたおかめはんにむかって
部長はまじめな顔で言った。

どこぞのエライ役職のお客さんから

「あんた、男か女かどっち?」

まさかのセクハラ質問?!

「女です…」

あまりにショックで普通に答えたおかめはん。

どうみても女だろ!!内心であとから何度もくりかえしつつ、
ドアなどガラスに映る自分の姿を見ながら
男にみえるか?と、確認しまくったおかめはん。

胸もでてるやん?
口紅も落ちてないし?
どうやったら男かと思うっていうんだ?
セクハラじゃないの?

当時、ほんとうにショックだった…。

相当ショックだった…

いまになって部長のいったあの質問の原因がわかった…。


でもいまはその原因がわかった!

その件に関しては、晴れ晴れした気分になったのでした。

余計なことをかんぐってしまうじゃないですか。

でも男だと答えていたら…あの部長納得したんだろうか?
そんな質問をしてきたお客さんも…

余計な勘繰りをしながら、ごくごく普通の店だと思っていたA店も
意外に色んなアルバイトやお客様がきていたことを今更ながらしった、おかめはんであった。


                       つづく。


| ワケありセクハラ編 | 13:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。